AI(機械学習)のリライトをした。その際にきづいたこと。

もとの記事だけでは読み取れない点が多々ある。

浅いレベルなら「検索→関連したウェッブサイトを見るにて」加筆することができる。

しかし、より深く掘り下げたいばあいは、どうだろう。

まず、じぶんのAIの造詣を深めることで書ける幅が広がる、とおもう。

技術的なことは書籍を読んでも、じつは文字面をなぞるくらいの理解しか得られない。

さいわい機械学習は、手元にパソコンさえあれば、チュートリアルをみながら、じぶんでプログラミングしながら学ぶことができる。ほかの(たとえば大型機器が必要な)エンジニアリングと、その点がちがう。

なので文章を書くうえで「とりあえずは、やっとけ」みたいな。あえて、ここでは言っておこうとおもう。

それから、じぶんで手を動かしながら理解することに加えてもうひとつ、

関係者、あるいは詳しいひとにはハナシを聞きに行け、とも言いたい。ただし、この点については、うまく行く可能性は低い。たとえば田原総一朗クラスの人は、できそうだけれど、これは極めてマレだ。それなりにコストもかかるしネ。この点は、なにか手立てがあるような気も。まだ、あきらめては、いない。しつこく考えよう。