職業外の者がプログラミングをするにあたって、わかりやすい書籍に出会えることは、とても大切だと思う。

さらに言えば、わかりやすいだけでなく、じぶんに合っていることも重要なポイントになってくる。

それは、じぶんに合っていないと、最後までページをめくるに至らないからだ。

持続してやるには、ともすると書籍よりも、「いっしょに参加している感」のあるネットのライブ授業の方が、その可能性は高いかもしれない。

ライブでなくとも、アーカイブであっても、紙にはない良さがネットにはある。

紙にはない、動きによる説明が可能な点だ。

たとえば、ブロックチェーンの仕組みは、書籍で何度読んでも分からなかったけれど、ある動画のチュートリアルで初めて分かったりした。とても有益だった。

分からないことは取材でフォローすると、おもしろいという。あ、この話は、また後日ねー。