「数ⅡBくらいの知識があれば、機械学習は理解できる」という意見がある。

ただ、それは、かなり理解している人からの意見であって。ビギナーにとって、なかなか、そうはいかない。

そして個人的には、高校の数学よりむしろ、統計の方に、とまどったりしている。

統計は、教わらなかったんだネ、たぶん。

基礎的なことから、すでに、わからない。

とりあえず、標準偏差について、まとめておく。

標準偏差とは、データの散らばり度合いを示す値。データの散らばりが大きいと標準偏差は大きくなり、逆に散らばりが小さいと標準偏差はゼロに近づく。

<<標準偏差の求め方>>

 Aさん  71点
 Bさん  80点
 Cさん  89点

1)平均値を求める

平均値 = (71+80+89)/3 = 240/3 = 80

2)偏差を求める => それぞれの平均値との差

偏差

Aさん  71−80 =-9
Bさん  80−80 = 0
Cさん  89−80 = 9

3)分散を求める =>分散は偏差の2乗の平均

分散 = {(-9)^2+0^2+9^2}/3 = 54

4)標準偏差 => 分散の平方根

標準偏差 = √54 = 3√6 ≒ 7.35

 

以上〜