ブロックチェーンのしくみは、そんなにむつかしくはない。

けれど、万一、ブロックのハッシュ値が改ざんされたばあい、その後のブロックがどうなっていくのか、まだ理解しきれていない。

ブロックチェーンの技術は、おもて立って、どうのこうのというのではなく、じみーに浸透していくとおもう。

さいきんとトピックとしては、銀行間でのブロックチェーンの実装試験でしょう。

ビットコインなら、ブロックの承認は、任意のマイナー(発掘者)によって、おこなわれる。

でも銀行でやりとりが行われるばあい、それではマイナーの動向に左右される可能性もあるので、承認者の役割は、たとえば日銀がやったりするのかもしれない。

ま、技術的なことは、いいや。とにかく、ユーザーにとって、バカ高い送金手数料がタダか、あるいは安くなるのは良いことだとおもうし、

いずれにせよ、げんざいでも(ブロックチェーンではなく、銀行のAPIである)LinePayにより、Lineユーザーどうしでお金を送れるわけで。

現金の引き出しはコンビニで、送金はスマホで、となると、銀行に足を運ぶ機会は減っていくよねぇ。