きのうのブログで、BATを仮想通貨と書いてしまったけれど、

BATは仮想通貨上で発行されたトークン のようだ。

Ethereumにせよ、(コインチェックの盗難で耳にした)NEMにせよ、オリジナルのブロックチェーンを持っていて。

その既存のブロックチェーンを利用して発行されるのが、いわゆるトークンである。

たとえばブラウザーのBrave上で、お気に入りのウェッブサイトで投げ銭できるBATは、

グーグルのChromeとちがう、その立て付けが評価されれば、BAT自体の評価が高まり、値段が高騰するだろうよ。

そのさいに、仮にBATを持っていて高値で売却すれば、利益が出るわけネ。

もっとも、投資に向いていないし、そもそも興味のないオレは、せいぜいキャンペーン中の無料のBATを入手し、なんと自分のウェッブサイト(このサイトのことだけれど)に投げ銭しているというバカ行動に出たりしている〜。