仮想通貨という言葉が一般的になってきている。コインチェックの事件を受けて、いっそう広く知られるようになった。

仮想通貨の中核をなすブロックチェーンは革新的な技術である。仮想通貨はむしろ、ブロックチェーンのひとつのアプリケーションと言ってもよいだろう。

「After Bitcoin」(中島真志)では、ブロックチェーンを「オープン型」と「クローズド型」に区分している。

前者は仮想通貨であり、後者については、たとえば金融機関で実証実験のプロジェクトに採用されていたりする。

本書を読了し、ブロックチェーンは、仮想通貨より、金融機関、証券会社、あるいは中央銀行の「クローズド型」の方が有望なような気がしてきた。

もっとも、ブロックチェーンに新しさを加え、次々出てくる新しい仮想通貨は面白いと思うし、コインチェックの事件の成り行きには、とても興味を持っている。ひとつのエポックメイキングだと思うぜ。