ソフトバンク光のセッティング

 

ソフトバンク光に変えた。いままで使用していたNTTの「ひかり電話ルータ」(終端装置)は現状のまま、ソフトバンクの「光BBユニット」をつなげるという。

 

softbank_hikari1

でもさ、これって、両方ともルーターになってしまう、いわゆる二重ルータじゃないの。杞憂かもしれないけれど、いずれかのルータ機能をオフにしたい。で、どうやら「光BBユニット」のルータ機能はオフにできないようなので、おのずと「ひかり電話ルータ」の方をオフにすることに。

 

softbank_hikari2

 

ちなみに、その手順については、自分の備忘録として、ブログに書いてある

 

ついでに、その際にNTTの「ひかり電話ルータ」の設定をするためのパスワードをすっかり忘れてしまっていたので、その対処法についても、記している

 

で、心配ごとは、それだけですまなかった。IP電話の接続は、どうすりゃいいんだ。いままでは、NTTのVoIPアダプターを使用していたけれど、

 

softbank_hikari3

 

ソフトバンクに切りかえ、どうすれば良いのか。さいしょは、このように接続してみたが、

 

softbank_hikari4

 

 

あ、違いました。けっきょく、ソフトバンクのサポートセンターにたずね、NTTにまで問い合わせ、けっきょく、次の図のようになった。ソフトバンクは、VoIPアダプタについて知らないし、NTTはIP電話にはVoIPアダプタが必要だと思い込み。。。ということで、聞いている方が、振りまわされてしまったよ。

 

softbank_hikari5

ま、なんのことはない。ソフトバンクの「光BBユニット」は、ルータ機能だけではなく、VoIPアダプタの機能も兼用していたという。そういうかんじだろう。機器の裏側の配線は、つぎのようにシンプルだ。

softbank_hikari6

 

「春と修羅」序より

 

 

わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電灯の
ひとつの青い照明です。
(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといっしょに
せわしくせわしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です
(ひかりはたもち その電燈は失はれ)
これらは二十二箇月の
過去とかんずる方向から
紙と鉱質インクをつらね
(すべてわたくしと明滅し
みんなが同時に感じるもの)
ここまでたもちつづけられた
かげとひかりのひとくさりづつ
そのほりに心象スケッチです。

 

これらについて人や銀河や修羅や海胆は
宇宙塵をたべまたは空気や塩水を呼吸しながら
それぞれ新鮮な本体論をかんがえませうが
それらも畢竟こころのひとつの風物です
ただたしかに記録されたこれらのけしきは
記録されたそのとほりのこのけしきで
それが虚無なら虚無自身がこのとほりで
あるていどまではみんな共通します
(すべてがわたくしの中のみんなであるように
みんなのおのおののなかのすべてですから)

 

けれどもこれらの新生代沖積世の
巨大に明るい時期の集積のなかで
正しくうつされた筈のこれらのことばが
わづかその一点にも均しい明暗のうちに
(あるいは修羅の十億年)
すでにはやくもその組立や質を変じ
しかもわたくしも印刷者も
それを変わらないとして感ずることは

傾向としてあり得ます。
けだしわれわれがわれわれの感官や
風景や人物をかんづるやうに
そしてただ共通に感ずるだけであるように
記録や歴史 あるいは地史といふものも
そのいろいろの論料といつしょに
(因果の時空的制約のもとに)
われわれがかんじているのに過ぎません
おそらくこれから二千年もたつたころは
それ相応のちがつた地質学が流用され
相当した証拠もまた次次過去から現出し
みんなは二千年ぐらい前には
青ぞらいつぱいの無色な孔雀が居たとおもひ
新進の大学士たちは気圏のいちばん上層
きらびやかな氷窒素のあたりから
すてきな化石を発掘したり
あるいは泊亜紀砂岩の層面に
透明な人類の巨大な足跡を
発見するかもしれません
すべてこれらの命題は
心象や時間それ自身の性質として
第四次延長のなかで主張されます

 

大正十三年一月二日 宮沢賢治

 

 

ツイッターのDMの設定

Twitterがアップデートされて、だれからでもDM(ダイレクトメール)を受けることができるようになったという。ちょっぴり気になったので、設定をチェックしてみた。手順は以下のとおり。

 

①Twitterのウェッブを開き、ログインする。

 

②右上に表示される、自分のアイコンをクリックする。

Twitter_Setting1

 

 

 

③「設定」をクリックする。

Twitter_Setting2

 
 
④左側に目を移す。「ユーザー情報」の「セキュリティとプライバシー」をクリックする。

Twitter_Setting3

 
⑤「セキュリティとプライバシー/ プライバシー」の一番下の「ダイレクトメッセージのみ/ Receive Direct Messages from anyone」が該当の項目。当方のばあい、チェックが入っていなかった。チェックを入れれば、フォロー外のユーザーからも、ダイレクトメールを受け取れるようになる。
Twitter_Setting4

ツイッター

 

ツイッターをはじめるにあたって、方針というのは大げさかな、ひとつ心がけたことがある。きほんてきに、フォローに対して、フローし返す。逆に、こちらからは、あえてフォローはしない。ま、そういうことである。

そうすると、フォロワーはゆっくり、ゆっくり、亀の歩みのように増えてゆく。

ちなみに、ツイッターをはじめた日は、2014年2月4日である。フォロワー数は現時点で267人だ。分かりやすいように、3年間で300人というふうに言ってしまおう。

この路線をつづけていけば、東京オリンピックが行われる2020年にはフォロワー数は、800人になるだろう。

 で、ここで、心持ちを変えてみようと思う。(毎回というわけには、ゆかないけれど)相手がいるつもりで、つぶやくように心がけてみたりして。

 さて、フォロワーの増え方は、変わってくるかしらん。

 

(これまでのフォロワーの推移) 

Twitter-no-follower

 

フルネームで語ること

 

フルネームで語れ。というのは、ひとむかしの丸井(デパート)のキャッチフレーズであった。

どういうコンセプトなのか知らないけれど、たしか永瀬正敏が出ていて「なんか雰囲気が出ているなぁ」と思ったりして。

フェイスブックがやって来たとき「フルネームで語るのは、日本では広まないだろうなぁ」って思っていた。

がしかし、意外にも、語る人は急増していったんだよね。

個人的にはフィスブックはやっていないけれど。ツイッターは、やっている。さいしょは、それとなく自分のような名前で、つぶやいていた。で、あるていど時間がたったあと、フルネームでつぶやき始めた。

そうねえ。リツートされるとき、匿名よりフルネームの方が「おっ!」という感じはあるかなぁ。。。

 

kuma

じぶんでやってみて

 

時間と手間をおしまなければ、まったくできない、ということはないさ。

たとえば、このウェッブサイトは手づくりである、とこのさい言ってしまおう(じっさいは、パーツを組み合わせて作った、という感じだけれど)。

さいきんNTTのひかりから、ソフトバンク光にリプレイスした。

もともとの回線状況が、やや複雑になっていたため、ソフトバンクショップのポスターにあるように「カンタン設定」というわけには、いかなかった。NTTにたずね、ソフトバンクに問い合わせ、やっとイメージ通りの回線状況になったのだ。

(現在は休眠中だけれど)法人の会計だって、試算表や決算報告書は自分では できないけれど、税理士と同じアプリケーションソフトを使って、自分なりにできる範囲はある。

で、ここまで書いて、ぼんやり思うことがある、まとめてみよう。

その、いち。

あることに出会ったとき、それは他の領域で、自分はまったく何もできないなどという。それは思い込みなわけ。とりあえず、やってみれば、ここまでは自分できて、ここからは他の人に任せた方が良いという線引きができる。あきらめも、つく(ま、その先の、人にお願いすることは、そんなに簡単なことじゃないけれど)

その、に。

分からないことをやってみて、手順は分かるようになるけれど、「どうしてそうなるのか」ということまで、分からない。

たとえば、ウェッブサイトを作るばあい、HTMLの記述は見当がつくし、回線をつなぐばあい、グローバルIPアドレスやローカルIPアドレスまでは察しがつく。けれど、PHPといったプログラム、PPP・TCP/IPなどのプロトコルの仕組みなんて、まったく、理解できなかったなぁ。

こんなかんじかな

ソフトバンク光にかえたとき、IP電話や外付けHDの接続など、うまくいかないことがあった。

原因は複合的で、当初はDHCPの問題だと思っていたけれど、そのあとモジュール回線の接続が違っていたり、現在ではPPPの問題(既存のNTTの終端装置に、いままで利用していたプロバイダーの記録が残っていた問題)もあったのかなぁ、と思ったりして。

まぁ、結果的に、思わくどおりのネットワーク環境になったけれど、おれはバカだから、なんかスッキリしないよ。

気がつけば、Google

 

パソコンでは、あいかわらずブラウザーを使う。

ブラウザーで使う主なアプリケーションは、検索、You Tube、それにGmailかな。しらずしらずのうちに、Google、使っていますねぇ。

こちらが使用しているあいだGoogleがどのように、使用動向をトラッキングしているのかは、ブラックボックスだけれど、Googleの収入源である広告の効果を高めるために、使われているのは確かだな。ふむ、

ま、いずれにせよ、ユーザーにとって窓口となるブラウザーを使ってもらうことは、Googleにとっては、重要なことであって。Chrome(自社開発のブラウザー)を使ってもらえれば、なお、好都合だろうよ。

ところで、iPhoneでは、パソコンほどブラウザーは使わないなぁ。Line、Twitter、CookPad、Evernoteといったネイティブアプリを使う機会が多いよ。もっとも、Google系としては、YouTubeや、とりわけGmailはひんぱんに使っているので、やはり、Googleのやっかにはなっているけれど、ね。

読んでみよっと

本を読むと落ち着く。じかんを見つけては、図書館から本を借りて読んでいる。

読んでいる本のなかに気になる本や人が出てくると、次に、その本やその人の著作を読んだりして、ともすると、そちらの方面に読書の傾向がかわっていく。

こういう態度をつづけているので、「論語」や「聖書」に行くことだってある。(ヴォリュームのある「旧約聖書」はムリだけれど)根気よくつづければ、少なくとも、目を通すくらいはできる。

どうしてもページが進まないものもある。「資本論」とかね。こちらは30分で読むのを、あきらめてしまった。ただ「疎外」の考え方など、たいせつな事が書いてある予感がするので、気がむいたら、吉本隆明や大塚久雄の解説など読んでみる….かも。

 

 

hitsuji