このウェッブサイトは、WordPressを利用して作成している。

(ほかのツールでも同じ言い方をしているのかも知れないけれど)WordPressでは、サイトの顔とも言える画像を、ヘッダー画像と呼んでいるんだね。

header

 

ついさいきんまで、ヘッダー画像には、自分で撮りためていた写真を使っていた。お気にいりの写真は決まっているものだから、おのずと、決まった写真を順繰りで使用していた。でも、こういうふうにすると、いつしか自分でも飽きてくるわけで。

(気に入った写真をウェッブからダウンロードする)ウェッブ系フォトエージェンシーを利用するのは、必然といってもいいだろうねぇ。

で、ネットで検索してみると、この種のサービスは、いくつもありまして。どのサービスが好みの写真を扱っているか、チェックしてみたりしてみたけれど。そのうち、ぼんやりしてきまして。けっきょく、価格体系で、どのサービスを使うか決めてしまった。

fotolia(フォトリア)の価格体系は、次のようになっている。サイズに応じて、必要なクレジットが多くなっていく。

fotolia_price_per_size

 

1クレジットの価格は、購入するクレジットの数に応じて異なる(多く購入すれば、安くなる)。

fotolia_tanka

ちなみに、ぼくのばあい、10クレジットごと購入しているので、たとえば、M(1628 ✕ 1167 px)のサイズでダウンロードしたばあい、
@185 ✕ 6クレジット =1110円となるのであった。