さくねん別件で新潟県の高田に取材した際に、瞽女の話題が出た。ちなみに瞽女は「ごぜ」と読む。高田、長岡など瞽女といえば、新潟という印象がある。

その後、母方の実家に行く機会があり、瞽女を知っているか聞いたみた。

「知っている」「でも、どこから来たのか分からない」

ま、何人かで協力して歩いてくるにしても、目が不自由なわけだから、そう遠いところから訪れないだろう。

近くに瞽女屋敷があったのかも知れないし、あるいは庄屋や瞽女宿にいったん宿泊してから、村々をまわったのかも知れない。

ところで、YouTubeに母方の祖母(故人)の唄声をアップロードしている。いまだに何の唄なのか、だれから教わったのかナゾである。

ただ仮説はある。瞽女は唄うだけでなく、ある書物によれば、乞われれば唄を教えたようである。祖母は瞽女から聞き伝で覚えたか、書きとめて覚えたのではないか。