おうおうにして、製品をつくるメーカーと、その製品をつかうユーザーの感想にはズレがある。

コピーライターは、そのズレに、どう対応するか強いられる。

こういうことである。

メーカー側の担当の方からは、社内の打合わせで意見が集約され、コピーライターに「こういう内容で、ユーザーに取材してください」と、まぁ、こうなる。

しかし(とうぜんなんだけれど)ユーザーは、メーカー側ではないので、メーカーが求めるような内容を聞くことはできない。

コピーライターにとって、ナイーブな問題である。

じっさいに、ユーザー側の内容をまとめて、「じつは、こういうかんじでした。思うような感じにはなりませんねぇ」的にやったこともあるけれど、

どうも、これが、うまくいかないんだなぁ。「なんとか、こういう感じになりませんか」というふうになる。

取材をまとめた原稿のやりとりについては、メーカーの担当者と直接やりとりすることはすくない。

ライターは代理店的なポジションの人とやりとりすることが多い。なので、中に入っているひとが、忖度し(そんたく)して、そう言っているのかもしれない。

もしそうでなくとも、発注元であるメーカーの担当者にとって、すでに打ち合わせで決まっていることであるし、あるいは、

上司への報告を、これまた忖度して、そうなっているのかもしれない。

ま、いずれにせよ、この壁はブ厚いのである。

妥協案として、いまのところ、こういう方法しか思いうかばないし、じっさいに、そうしている。

ユーザーにとって、メーカー側から聞きたいことは、ふつうに生活している全般からすると、ほんの一部かもしれないし、あるいは、まったく考えていないだろう。

なので、一般的な聞き方をするわけである。「こういう意見があるんですが、どうなんでしょうねぇ」という感じだ。

で、肯定的ならそう書くし、否定的なら、そう書かない。どちらにしても、ユーザーの発言として、こちらでストーリィをつくることになってしまう。

なので、取材させてもらったユーザーに原稿をチェックしていただくさいには、「いちぶストーリィをつくっています」ということを、かならず伝えてもらうようにする。ま、これがギリギリの線なんだなぁ。ほかに方法があるなら、どなたかご教示ください。