ポケモンGoのブームは去った。ただし、わりと高齢者はやり続けているという。

それはわかる気がする。第一に、ポケモンは分かりやすい。

たとえば、おなじ会社がつくったIngressは、わかりずらく、日本では一般的にすらなっていない。

第二に、ポケモンをさがすためには、歩かなければならない。そういうぼくも、ポケモンGoをやっていたときは、ずいぶん歩いていた。200km以上は歩いたもんなぁ。200kmだぜ。ま、健康が増進されるような気になるわな。

GPSセンサーが搭載されたデバイス(つまりスマホのことだけど)が、ひとの行動に影響をあたえるという。I oT の影響力を知る良い実例だねぇ。