Pythonをすすめる理由

ライターが、ひとつプログラミング言語を選ぶのなら、Pythonをおすすめする。

その理由は、Pythonは他の言語に比べ汎用性があるからだ。

(詳しい人からは突っ込まれそうだけれど)JavaScript、PHP、Rubyはウェッブアプリの実装用だし、Rは統計専用のプログラミング言語である。

それに比べ、Pythonはウェッブや統計をはじめ、機械学習、ブロックチェーンまで実装できる。

もちろん、プログラミングはライターにとって専門外だ。可能な限り学習コストは節約したい。

ただ、IT系のトピックを追う際に、書籍を読んだりネットで調べた場合と、実際に手を動かした場合では、理解の仕方が違うんだね、うまく言えないけれど。

取材✕プログラミング

さいきんプログラミングをやった方が良い、という意見を耳にする。

学生に対してなら、分からなくもない。

だって、それをきっかけにプログラマーになることも、あるわけだから。

でも、すでに違う職種を生活の糧にしている人にとって、プログラミングの学びは、はたして有効だろうか。

有用性に対して、学習コストがかかり過ぎやしないか。

じっさい個人的にPythonをやってみて、たとえばClassのコンセプトひとつ理解するのに、エラく時間を要する(あるいは理解できないまま)。

結論を言ってしまえば、同プログラミング言語の2つのライブラリー、pandasとmatplotlibに特化していくことに落ち着いた。

その理由は、classや関数、for文などをほぼ使わずに、取材や原稿を書く際に役立つデータの抽出やグラフ作成ができるからだ。

実例をYouTubeでやっている〜