「飢餓からの脱出」

1)食べ物の近くに住んでいた。

土人というのかねぇ。

何万年前、ぼくたちの祖先たちは大地から生える植物、そして木の実を食べ、生命をつないでいただろう。

それでも植物や木の実は季節によるし、その年によっては、実りは少なかった。

なので、いつでも、そこに行けば採れる貝を食べた。その場で食べたり、すぐ近くの住居に戻って食べた。土器のない時代なので、生で食べた。捨てた貝殻は、げんざい、貝塚で確認できたりする。その一。

コメの栽培は低湿地で行なわれてきた。洪水の危険にさらされながら、移動することなく、その地に定住した。その二。

その一、その二から => ロジスティックスの発達する前、ぼくたちの祖先は、食べ物の採れる近くに住んだ。

2)律令時代に、すでに金利はあった。

きのうのブログで、お金のこだわりは室町以降と書いた。

それは、そうとして(お金というより、米などの貸し借りとして)利息付きの貸し借りは、律令制である8世紀には、出挙(すいこ)という制度により行なわれていた。

公出挙(くすいこ)と私出挙(しすいこ)があった。

前者は公が民に貸し出すもので、当初の年利は50%だったが、民衆を圧迫するということで年利30%に引き下げられている。

後者は私人どおしの貸し借りで、年率100%である。

高金利であり、言うまでもなく、民衆の生活を圧迫した。

3)最新の技術により統率され、生産性もあがった。

古代、鉄は権力の象徴だった。たとえば、王朝は官位に応じて貴族たちに鉄製のクワを与えた。貴族たちは所有する農民に、それを与えて農耕にあたらせた。貴族たちは、農具により農民を統率し、また高い生産性を上げた。

以上、「飢餓からの脱出」(宮本常一 / 八坂書房)より、気になる点を、まとめさせて頂いています。

お金が合理性を促す

新聞というものは、被疑者の段階で、事件の大見出しをつける。

それを見た読者は、被疑者を犯罪者とおもってしまう。

そもそも公務員には業務の秘守義務が課せられている。

検察といえども、マスコミに捜査情報をリークするのは法律に触れている。

検察の誤りで起訴された元厚生省の村木さんは、その点を裁判で争ったけれど、(リークした証拠がないため)証拠不十分で却下されてる。

いわゆる「ライブドア事件」の報道は、とても加熱していた。本人への事情徴収だけで、新聞の一面に見出しは踊った。

それは、「お金で買えないものはない」というホリエ氏のコトバの流布も遠因だったかもしれない。

個人的にホリエモンの本はけっこう読んでいて。それらしき文に触れると、そこだけ切り取られ、独り歩きしているようにおもう。

げんざい「会社の値段」(森生明)を読んでいる。

ホリエモンの「お金で買えないものはない」について、いままでうまく言えなかったことが、本書ではとてもうまく解説されている。引用させていただこう。

「(お金を尺度にすることによって)不合理さが数値で表現され、フェアな競争のベースができるようになります。差別のある世界は、それがない世界(お金を尺度にしない世界)より無駄が多くなったり理不尽なことがまかり通ったりします。ものに値段をつけて売り買いの実態を明らかにすることにより、その不合理な現実が他人の目にもはっきり見えるようになる、不当なことがやりにくくなる、その効果が重要なのです。時間がたつにつれ、差別のない社会のほうがより活力のある魅力的な社会を生み出す、それは経済成長率や国内総生産(GDP)のような金額と数字で客観的に比べ得られるとうになる、それがフェアなやり方だという堀江社長のご意見はもっともだと思います」(P29)

司馬遼太郎さんによると、江戸時代の合理性は商品経済により促されたそうである。類似している視点だよね。

勝海舟

統治機構が一変すると、違う国家になっていく。司馬遼太郎には、そのような捉え方をする一面があったと思う。

司馬さんが幕末から明治について語った「明治という国家」というタイトルにも、そのことが現れている。

本書では、勝海舟について語られている。

ちなみに個人的に、歴史のほとんどは、司馬遼太郎の著作から知識を得ている。

歴史系の知識について、高校の日本史の授業より、司馬作品を読んだ時間の方が遥かに長い。

記憶をたどってみると、その中で、勝海舟に触れている著作は少ない。強いてあげるなら「竜馬がゆく」くらいだろうか。

なので「明治という国家」の中で、あるていどのボリュームで勝海舟に触れ、なおかつ司馬さんが好意を持ってるのは意外だった。

徳川将軍家の直属の家臣は、旗本と御家人である。後者は、直接、将軍にお目にかかれない。勝海舟の家系は、このポジションにあった。しかも俸禄は少なく、生活のため副業をしていたようだ。

家柄について保守的な江戸時代にあって、(俸禄の少ない御家人の息子)勝海舟が頭角を現してきたのは、それだけ、時代を取り巻く状況が切迫していたからだ。

幕末、従来の慣習を縫って出てきた、ひとつのタイプは語学に長けていた人だと思う。福沢諭吉しかり、勝海舟はオランダ語に秀でていた。

勝は、当時、日本では珍しいオランダの書物(辞典だったかな?)を、高いお金を払って、借り受けることに成功した。拝借しているあいだ、勝は寝る間を惜しんで全ページを書き写した。それも1冊ではなく、2冊だ。そして1冊は自分の手元に置き、もう1冊は売りさばいて、借り受けの際のお金に充てた。勝海舟好きの人にとっては、有名な話だ。

ただし福沢諭吉も同様のことをやっていて。語学に情熱を燃やしていた人にとっての、当時のひとつの稼ぎ方だったのかも知れない。

ところで、一介の御家人である勝海舟が、政治要人にまで登りつめるキャリアは、どのようにスタートしたのだろう。

それは、ペリーの率いる黒船来航が契機になっている。黒船が江戸湾に姿を見せた時、江戸城下は大混乱に陥った。未知の問題に対応する術はない。そこで幕府は、ペリーの持参した米大統領の親書をオープンにし、広く意見を求めた。問題の先送り案が寄せられる中、勝海舟は具体的な提言を行った。これが幕府の目に止まった。勝の台頭の始まり。