Excel対pandas

Excelのデータは、pandas(pythonのライブラリー)により読み込み、必要なカタチに前処理を行なってきた。

先日より、Microsoft365を試用している。Microsoft365は、ついこの間までOffice365という名前だったようだ。

その名が示すとおり、Word、Excel等がパッケージ化されたOfficeが利用できる。

ただし従来のようにパッケージの買い切りではなく、

月ごとに利用料を支払う、いわゆるサブスクリプションとなっている。

Excelについて言えば、データを前処理しグラフ化する場合、Pandasより、ぜーんぜんラクである。

「あれ、これでできちゃんだ」というかんじで「いままでのpandasの作業は何だったんだ」という印象ですねぇ。

ただ、Excelのデータをもっと複雑に扱う場合、たとえば、いくつものシートからデータを抽出する場合など、Pandasは有効だよね。

(たぶん)このへんから、Excel VBAと競合して来るんでしょうねぇ〜

取材✕プログラミング

さいきんプログラミングをやった方が良い、という意見を耳にする。

学生に対してなら、分からなくもない。

だって、それをきっかけにプログラマーになることも、あるわけだから。

でも、すでに違う職種を生活の糧にしている人にとって、プログラミングの学びは、はたして有効だろうか。

有用性に対して、学習コストがかかり過ぎやしないか。

じっさい個人的にPythonをやってみて、たとえばClassのコンセプトひとつ理解するのに、エラく時間を要する(あるいは理解できないまま)。

結論を言ってしまえば、同プログラミング言語の2つのライブラリー、pandasとmatplotlibに特化していくことに落ち着いた。

その理由は、classや関数、for文などをほぼ使わずに、取材や原稿を書く際に役立つデータの抽出やグラフ作成ができるからだ。

実例をYouTubeでやっている〜