いぜん、トレードオフについてブログにかいた。

よのなかは、トレードオフの関係になっていて。それは、Aが得をすれば、Bが損をする。ぎゃくにAが損をすれば、Bが得をするということだ。

麻雀は、点棒の総数はおなじだ。このばあい4人でやるけれど、トレードオフの関係になっている。

でも、どうだろう。

そのなかに桜井章一のような20年間、負け知らずのひとがはいっていたらどうだろう。点棒の総数は変わらないけれど、結果的に、桜井章一とトレードオフの関係にはならないだろう。

なにを言いたいのかというと、たとえば、AがBよりも100万倍の能力や生産性があったら、AとBはトレードオフされるのかということだ。すべてAが優位になってしまうよね。

もうひとつ、AはとくにBとのトレードオフなど気にせず、もうAが自己目的になっていたら、どうだろう。Aは、ただただAをおこなうことに充実感をおぼえているのである。でも、これはどうだろう。どこかで、やせがまんが入ってしまうような気がする。

とすると、ケタちがいに生産性をあげる、あるいは生産性をあげることと、自己目的化の組み合わせが、いまのところ、トレードオフ解消の手立てであるような気がしている。