例外処理が行なわれないと、実行時にエラーが発生したときに、そこでプログラムが終了してしまう。

try-catch文は、例外が発生する可能性がある処理を行なうものだ。

書き方は以下の通り。

try{
例外が発生する可能性のある処理
}(*引数を入れる)catch{
例外が発生した場合の処理

*引数には発生したエラーが渡される