当事者に聞くことは大切だ。

でも、ともすると、ぼんやりして、まったく人ちがいをしてしまう。

そうだなぁ、たとえばだよ、

魚屋さんに野菜のことを聞いたり、交番にスーパーの売出しを、たずねたり、ま、そんなことだ。

わかりやすい例をだしたけれど、ひとは案外、似たようなことをしている。

それから、一般のひとが当事者から話を聞く機会というのは少ない。

職業的にはジャーナリストは可能かもしれない。

でも、それは、たとえば田原総一朗など、日本で10人もいないのではないか。

なので当事者の書いた書籍を読めるというのは、とても贅沢なことだったりする。

当事者のコトバを読んでいるという安心感もあるし、専門的なことでも、意外に当人の書いたものは、わかりやすく書かれていることが多い、とおもう。

いま「中央銀行」という本を読んでいる。

著者は前日銀総裁の白川方明さん。

ぼくのようなマクロ経済の門外漢でも、いままで知りたかったことが分かりやすく書かれている。いい本だよ。