以下、イーサリアムのことばの使い方の整理ネ。

Ethereum(イーサリアム) => イーサリアムのネットワーク

スマートコントラクト => イーサリアム上にデプロイするアプリケーション

ether(イーサー) =>  イーサリアム上の仮想通貨

wei => 1ether = 1,000,000,000,000,000,000wei

GAS(ガス) =>トランザクション(取引)で消費される。消費したGAS✕GASの単価はマイナーへの手数料に当てられる。

ネットワーク => パブリックなネット、プライベートのネット、テスト用のネットの3種類がある。

パブリックなネットは、実際に取引されるネット。以下のサイトで確認できる。

https://etherscan.io/

プライベートのネットは、ローカル(じぶんのパソコン内)で独自に構築できる。マイニングが容易。

テスト用のネットは、文字どおりテスト用のネットワーク。パブリックネットとはちがうが参加者がいたりする。