ターミナルに、vim ~/.bash_profileを叩くと。おこられた。

E325: ATTENTION
Found a swap file by the name “~/.bash_profile.swp”

どうやら、へんな、ファイルの閉じ方をしたらしい。

とりいどぎ、

:qにて、vimを抜けた。

rm ~/.bash_profile.swpを叩く。

(.bash_profile.swqは突然クラッシュした場合、自動的に作成されるファイル)

で、さいど、vim ~/.bash_profileにて確認。

大丈夫~。あせった~

ちなみに、この作業はAnacondaをアンインストールする際の手順で引かかった作業。

アンインストールについては、こちらのサイトを参考にしました。

たしかに、パスを指定した環境変数は残ってしまう。

同じサイトでは、以下のようにopenコマンドで、.bash_profileを開き、記述を削除しているけれど、

open
~/.bash_profile

オレの場合は、vimエディタをつかい削除しようとした。で、上記のようなトラブルに見舞われたわけ。

正式な手順は、次の通り。

vim ~/.bash_profile

にて、パスを通す環境変数の記述を削除。その後、

:wq

にて保存&終了。

最後に、

souse ~/.bash_profileを叩いて、リロードさせる(これをやらなかったのでトラブった)。