ホリエモンは、さまざまな技術にくわしいとおもう。ネット上の発言を読んでいると「よく、そんなことまで知っているなぁ」と、おもわざるを得ない。

ホリエモンは「iPhoneはパソコンだよね」という。

iOSの立て付けで解説していたようにおもうけれど、よくおぼえていないし、それいぜんに理解できなかったんだなぁ。

個人的にいえば、パソコンのおおきな特徴は、そのファイルシステムにあるとおもっている。マックのFinderはとてもスマートにできているし、ウィンドウズならExploreということになる..そうだよね ?

そうするとiPhoneには、すくなくとも、このファイルシステムはわからないようにできている。はたしてファイルはどのように整理されているのか。

それに、マックやウィンドウズみたいにコマンドラインも打てないじゃないの。

ま、でもホリエモン説を信じて「iPhoneはパソコンである」というふうにしよう。

となると「アップルの戦略はうまいなぁ」とおもえてくる。

まずiPhoneというネーミングだ。文字どおり、ユーザーは電話だとおもうだろう。パソコンとちがい、だれでも手にもって気軽につかえる、そういう訴求効果を持たせることができる。

といっても、電話としてのiPhoneは値段が高すぎだろう。このへん感心するのは、支払いを分割にして、毎月の電話料金に上乗せするアイデアである。

ところで、Apple Watchをしているひとは少ないでしょう。これは商品自体の魅力不足や、販売チャネルの細さが主因だとおもう。

それともうひとつ、iPhoneはパソコンであるといわれて納得するように、AppleWatchはパソコンであるといわれても、うなずけない点にある。これは時計である。となると高い商品だとおもってしまうし、ましてや1年半で買い換えるとなると、なおさらである。かといってiPhoneのように、月賦を毎月の電話料金に上乗せもできないわけだし。ま、でもソフトバンクなら、やりそうかな。