仮想通貨の価値について、認識を改めたりもした。

ひと昔前、通貨は、金(ゴールド)により裏づけられていた。

現在は、国債の信用により通貨の価値が担保されている。

仮想通貨はどうか。

今までは、仮想通貨は(いまだに破られていない、その)アルゴリズムにより担保されていると思っていたけれど、それはブロックチェーンの信用であって、

じつは、仮想通貨には担保されているものがナイ。

ナイので、通貨といつでも交換できるようになっていなければならない。そういうことをコインチェックの騒動をながめていて思ったわけ。

コインチェックは、盗難にあった仮想通貨ZEM/NEMについては換金に応えている。しかし、その他の仮想通貨に対しては応じていない。同社に、それだけの勘定が用意されているのかも明らかになっていない。

アメリカでは、ドルとベックする仮想通貨Tether/USDTの問題が取り立たされている。じつは発行されているTether/USDTに対して、換金に耐えられるほどのドルは用意されていなのではないか、という疑惑だ。

きのうWiredに掲載されている、敬愛する伊藤穰一の記事を読んだ。

仮想通貨は、一時期の土地やドットコムと同様、バブルだろう。でもバブルが弾けたあと、現在のウェッブのように、ブロックチェーンを利用した確かなものが残り育っていくだろうという。そんな意見。個人的にも納得。