GitHubは、むつかしいわ。なれるまで、たいへん。頭を整理しながら、備忘録としておくぜ。

 

➀Gitにリポジトリをつくる。

 git init

リポジトリのルート例:
/home/ubuntu64_16/workspace/git-study/.git リポジトリを削除するには、このファイル.gitを削除すればよい。
rm -R .git  => たぶん、これでよい。要確認。==>◎確認済み。これでOK!

 

➁作成されたリポジトリに、任意のファイルを「ステージング」する。「ステージング」とは、「ファイルをリポジトリに追加したい」という変更情報を登録するコマンド。

git add ファイル名

 

➂作成されたリポジトリに、任意のファイル(「ステージング」したファイル)を移す。

git commit -m “コメント”

コメントを確認する場合は、git log

 

④GitHubに送る準備をする。

git remote add origin git@github.com:{$ユーザー名}/ファイル名.git  
                               ⇒GitHub側であらかじめ作成しておいたリポジトリ

 

⑤GitHub側のリポジトリにアップロードする。

git push -u origin master

 

ファイルに変更を加え、そのファイルをGitHubにプッシュする。
git commit -am”コメント”
git push -u origin master
(そのさいに「ステージング」する必要なし)

git remote add origin 〜を実行してfatal: remote origin already exists.が出た場合、git remote rm originでoriginを削除し、再度originを登録すればよい。
git remote rm origin