文庫本発行の、いちばん多い累計は、漱石の「こころ」だとおもう。

その理由は、わからない。

ただし、ぼく自身、「こころ」は、いちばん繰り返し読んでいる小説である。

「こころ」は、数年おきに読むたびに、印象が異なる。

内容が変わるわけがないので、変化しているのはむしろ、ぼくの方にちがいない。

「こころ」は、ぼくの合わせ鏡である。オッケー、このさい、そう言ってしまおう。

さいきん「草枕」が好きだとういう感想が目につく。

(いぜんは、そんことはなかったけれど)そうかも知れないねぇと、おもったりもする。

そういえば、「こころ」は、やるせないかもしれないなぁ、

って、オレ、心境が変化してきているのかしらん。