池上彰の書籍によると、新聞各社の論調は紙面の編集ではなく、論説で示されてきた。しかし近年は異なる。新聞により、ピックアップされる記事が異なるようになってきた。

ここ数日では、加計学園に関する前文部事務次官の取り扱いが思い浮かぶ。

ある新聞では前事務次官の「資料は存在する」的な発言が取り上げられ、一方の新聞では、同氏の歌舞伎町界隈のスキャンダルが取り上げられている。

前者は政府側に都合のわるい内容だし、後者は人格攻撃による発言の信憑性に疑いを持たせる政府側に優位な内容だ。しかも両紙とも、周辺の取材がされていない。紙面づくりで、偏った党派性が全面に出てしまっている。少なくとも本件では、そのような感じだネ。