シェアする。これは、ぼくの不得意な英語でしょう。おすそ分けとはニュアンスがちがう。

なので、ぼくにとってのシェアやシェアリングは、わかったような、わからないような、そんなことばの仲間である。

一方、シェアやシェリングは言いやすい。

意見をシェする。

クルマをシェアする。

ほらネ、かんたんに言えちゃった。

言うのはカンタンだから、耳にするのもカンタンだ。

シェアということばは、いつごろから耳にするようになったんだろう。

げんざいは、どうかは知らないけれど、メールでのCC(カーボン・コピー)は、シェアとは言わなかった。

やはりSNSがでてきたころから、シェアということばは一般的になってきたとおもう。

で、さいきんではシェアカー、シェアハウスのように、ものに対してもつかわれるようになってきて…と書いて、あ、そうか、シェアカー、シェアハウスには、コミュニケーションというニュアンスが含まれているのか、と気づいたりして。むかしは、いそうろうとか、同棲って言っていたんだ。ものごとは情報化してきているんですねぇ。