ホリエモン

ホリエモンは良書が多い。YouTubeでも多くの情報を発信しているが、個人的には、書籍がいちばん味わい深い。

書籍はほとんど読んでいる、とおもう。近年はとくに充実している。ひとつには、取材・執筆をしているライターが優秀になってきているから。

そして、もうひとつは(やや、おおげさだけれど)ホリエモン自身、思想的であり文学的だからだと、おもう。

ためしに、気にいったフレーズをノートしてみると、読んだほどには感銘を受けない。文脈の中での良さが削ぎ取られているからだ。

いや、これについては、ぼくの文章の読み込みが、年々深くなっているからかもしれない。自慢ではない。じっさいに、そうなんだ。

「情報だけを武器にしろ。」を読んだ。いろいろな発見があった。

コピーライターのアウトプットは、コピーライティングなわけ。一般的にも「インプットだけでなく、アウトプットが大切」と言われる。そのさいのアウトプットとは文章を指しているでしょう。

ホリエモンの斬新さは「アウトプットは行動なんだ」という点にある。 いっけん、なにげない。がしかし、このことは、とても深い。現在性を持っていると言ってもよい。

情報化社会(情報がとても多くなってしまった社会)では、ことばは有用性を失っている。その文脈での「アウトプットは行動だ」なのである。そして、行動はSNSやYouTubeとは、とても親和性が高い。

もうひとつ、本書での発見があった。

ぼくたち以上の世代は、なにかこう上下のようなもにがあり、上のポジションの人はエラいとおもったりしている。

それに対して、ホリエモンは分けへだてがない。好き嫌いがとても、ハッキリしているけれど、その反面、まぁ、だれとでも会っている。その疑問が、本書により晴れた。

本書の中の「ぼくは、ひとに会うのではなく、情報に会っているんだ」という部分。これ、これ。これですねぇ。

翻訳者の柴田さんは村上春樹にインタビューしている。こちらの、とても興味ふかい。その中で、村上春樹もまた、中間の他者との共通の興味の大切さを述べている。

ま、とにかく、他者と直接は向き合わない。これですねぇ。そうしないと、いまはやりの言葉でいえば、エモくなってしまうわけよ。

自我について、かな?

村上春樹のミリオンセラー「多崎つくる」は、漱石の「こころ」から100年のちに発表されている。

こころと自我は、どうちがうのか、うまく書けやしない。仮に、こころと自我は同じ、ということにしてしまおうか。

漱石と村上春樹は自我を描く作家として比較される論評がある。

それを読んでいると「そうかなもな」と思ったりもする。

漱石の描く「自我」は、わりとモダンでしょう。

ここでいうモダンとは、自我と倫理は関係していて、それは、こころの中心にある。中心から外れていくことに、主人公たちは悩むという、ま、そういうかんじ。

一方の村上春樹の小説に描かれる自我は、中心がないように、ふるまう。

極端な、わかりやすい例としては(ひとりのなかに、なんにんも、じぶんがいる)ドッペルゲンガーが現れるカフカ少年だろう。(「海辺のカフカ」)

「多崎つくる」は好きな小説である。何度も読み返している。

先に村上春樹の小説には、自我には中心がないように、ふるまうと書いた。

「中心がないように、ふるまう」という書き方がミソで、たとえばデビュー作の「風の歌を聴け」をみよ、

ラストシーンで主人公は神戸の港で泣くじゃないか。じつは中心があったりして。ラストに揺り戻しが起こり、泣いてしまうんじゃない ?

ま、これを、ひとことで、喪失感、と言ったりする。

タイトルが長いので「多崎つくる」と書いてしまったけれど、

「多崎つくる」の正式のタイトルは、「色彩を持たない多崎つくると彼をめぐる巡礼の旅」だ。

「風の歌を聴け」のラストシーンでは主人公は泣いたが、

この小説では、喪失感を取り戻すまでのストーリーが描かれている。

最後の、フィンランドにいるクロに会いに行くシーンは、とても好きな描写なんだ。

自我について書くつもりだったのに、どうも、ちがうことを書いているようで。ま、でも、遠からず近からずなんだけれど、ね。

ところでチベット仏教では、自我はない、という。意外なんだなぁ…